• TOP
  • >よくある質問-Q&A-

化粧品特許内容と商品効果についてよくある質問 Q&A

肌あれ・くすみ・シミ・シワにはどんな効果がありますか?
基本的なお手入れをされないお顔の表面は
毛穴の皮脂づまり・汗口の目づまり。
老化角質や化粧品の油分が厚く付着している。
皮脂の分泌アンバランスと排泄作用の低下。
代謝機能の低下など、お肌にとても悪い環境になっています。

その結果、お肌は・・・
肌あれ
し・・・、くすみ肌になり・・・、
年々シミが目立つようになり・・・、小じわができる肌になります。

スキンクリーニング
1.古い角質や酸化した皮脂などを清浄化する作用
2. マイナスイオン効果による栄養保湿成分の浸透作用
3. 皮膚の代謝機能を活発にする作用により、肌あれ・くすみ・シミ・しわなど
早く解消する効果があります。
すべての肌に使用できるのはなぜですか?
スキンクリーニングの目的は、皮膚の血行促進と代謝機能を活発にし、皮膚を清浄化することです。
そして、健康な皮膚の構成に必要なミネラルイオン・コラーゲン・スクワラン・ヒアルロン酸・エラスチンなどが主成分となっていますので、すべての肌質やトラブル肌の方にもご使用頂けます。
お手入れ後、何もつけなくてもシットリ感があるのはなぜですか?
スキンクリーニングによって、老化角質や毛孔の皮脂詰りや化粧品の油分などが清浄化され、マイナスイオンの働きで肌の深部まで保湿成分が浸透するためです。お手入れ後は、肌の血行がよくなり、自然でハリのあるしっとりしたお肌になります。
化粧品の保湿成分が、肌の深部にまで浸透することができるのはなぜですか?
化粧品の天然ミネラルイオンが生体イオンと引き合うことによって美顔器を使用した場合と同様に、保湿成分を肌の深部まで浸透させることができるのです。
化粧品に防腐剤は入っていますか?
化粧品は、天然ミネラルイオンがたっぷり配合されていますので非常に変質しにくくなっています。ですので、防腐剤は分析しても検出されない程度におさえて入っています。
化粧品の有効期間はどれくらいですか?
天然ミネラルイオンと磁石・遠赤外線・イオン作用で作られた、特殊容器の相互作用により最後まで成分が安定的に保たれますので他化粧品の3倍以上は大丈夫です。
化粧品は、メイクアップベースとして使用できますか?
SCクリームを薄く伸ばしてベースとして使えます。
SCクリームは、なぜピンク色なのですか?
ミネラルイオン中に酸化第二鉄があり、製造行程でピンク色になります。
着色料は一切使用していません。

スキンクリーニング使用法 よくある質問 Q&A

スキンクリーニング後に、肌が白くなったり、肌がみずみずしくなったりするのはなぜですか?
肌の色は血液とその人の色素の濃淡により異なります。スキンクリーニングで、老化角質や毛孔のアカなどが清浄化された肌は、皮膚の新陳代謝が活発になりその人本来の素肌色を取り戻します。
また、お肌に有効な各種作用によりみずみずしい肌になります。
スキンクリーニングの肌作用
1. 肌を弱酸性に整え、肌アレを防ぐ保湿作用
2. 肌にうるおいをあたえる保湿作用
3. 色素成分を抑え、紫外線によるシミ、ソバカスを防ぐ還元作用
4. 肌の清潔を保ち、肌のもつ働きを高める細胞賦清作用
5. 皮脂分泌のバランスを整え、ニキビ・吹出物などを防ぐ皮脂分泌調節作用
肌の汚れやメイクをクレンジングで拭き取ってから、スキンクリーニングを行ったのですが、上手くポロポロがでません。なぜですか?
メイクや油分が残らないようにクレンジングし、さらに専用ソープで洗顔し、お肌がきしむように洗い流して下さい。
きしむ=滑らないお肌
スキンクリーニングは、クレンジング・ソープ洗顔が上手くなされてないと角質除去がでません。
詳しくは、「上手なお手入れのStep4」をご覧下さい。
フリーダイヤル0120-37-2536でも詳しくお教えいたします。
SCクリーム、リキッドを使用して、SC美肌法の使用手順
SCクリームを塗ってSCリキッドでパッティングしましたが、つるつる滑って上手くポロポロがでません。なぜですか?
SCクリームとSCリキッドの量的バランスが悪いと、出づらい場合があります。割り合いは1対1が基本です。お顔のお手入れ前に、手の甲で数回試して下さい。量的バランスやポロポロができる状況や、一方方向に柔らかく擦るコツなどがお分かり頂けます。
手の甲で試されて、上手く出来るようになりましたならスキンクリーニング美肌法をお読み頂いて、お顔の気になる部分から始めて下さい。
シミや敏感肌はどのようにするの?
シミは、シミの部分を2回くらいお肌に合わせてお手入れして下さい。また敏感肌・強乾性肌・弱肌の方は、SCクリームを薄めにつけて少しずつ肌をならしながらスキンクリーニングして下さい。

PAGE TOP