ヒップ

ヒップラインが下がる要因

 
女性の身体と脂肪について。
女体の役割として、将来の妊娠・出産に備えて脂肪をエネルギーとして蓄える機能があります。食べ過ぎると睡眠中に脂肪へと変化し、図のように、おなか・ヒップ・太ももを中心につきます。


お子様がいる方は、ご出産が大きな要因です。
ヒップは身体で一番凸がっている部分ですが、重く一番下垂しやすい部位です。ご出産後、授乳などで運動不足となり、ヒップは下垂しやすくなります。



ボディラインは加齢とともに下記のように変化し、ヒップを包み込めないショーツの着用は、ヒップが下がり徐々に太ももへと下垂し太くします。


どうすれば解消できるの?
ほとんどのショーツは、サイズ表示より小さく作られてます。下着の実寸を確認しましょう‼



お休み時にお尻に緊張感(お尻に意識的に力)を与えると、大殿筋が刺激され下垂を防ぐことが出来ますが、ショーツの履き替えをおススメします

早急に解決したい方は補正効果のあるカードルを着用しましょう!



(1)摂取されたカロリーが脂肪に変化するのは、睡眠中です。睡眠時に優しく着けられるように、おなか・ヒップ・太ももの一番大きな部位に、ガードルサイズを合わせます。

(2)睡眠時に着用されると、経過とともに大きな部位の脂肪は、ガードルの形に沿って移動・縮小します。指輪の原理の活用です。

(3)2週間後、おなか・ヒップ・太ももの一番大きな部位にガードルサイズを合わせます。脂肪はガードルの形に沿って移動し、移動した部位はサイズが細くなっていますので、ガードルを1サイズ小さいサイズに交換します。

(4)このように補正下着の着用法を繰り返す事(脂肪づきの移動)により、下記の方のようにボディラインを細くします。補正下着は、ボディサイズより小さいサイズを着けられると身体を締付ける事になり、血液の循環を阻害し、冷え性やセルライトの要因になりますから、お求め前のご試着をオススメします。

  • おなか
  • 太もも
  • beforeafter
アフィリエイター募集中 自分で出来るプロポーションチェック! ご自宅で無料試着